女性割引受講生がブログを継続して書くための考察【ウェブカツ/プログラミング】

ウェブカツ
こんにちは、komma(@sweethome026)です。 4月からウェブカツ受講を始めて、月2回のブログ執筆が義務になってから、しばらくはこのブログの方向性を決められていませんでした。 「ブログを書かなくてはいけない」けど、「ブログを書くモチベーションが上がらない」「どういう心持ちで書いたらいいかわからない」という状況でした。 今回ブログを書くにあたって、今後このブログをどうして行きたいのか腰を据えて考えてみたので、その考察プロセスと結論について書きました。

ウェブカツ女性割引はブログ報告が必須

ウェブカツには女性割引というものがあり、これを適用するとウェブカツアスリート部員(月額32,400円)と同じ受講内容を、月額料金19,800円で受けられます。入会金もありません。(※2019年4月9日現在) ただし、代わりに女性割引適用者に義務付けられているのが、「twitterでの日々の進捗報告」と「ブログ記事の作成」です。 ブログ記事の作成には細かい規定があり、概要は以下の通りです。
  1. 月2回ブログを書いて報告すること(毎月15日、月末〆切)
  2. 記事本文は 1000文字以上書くこと
  3. ウェブカツTOPへのリンクを貼ること(ただしアフィリエイトリンクは貼らないこと)
  4. 記事タイトルには必ず 「プログラミング」というワードと、その他に以下ワードから必ず1つ選んで使うこと スクール/ウェブカツ/初心者/入門者/未経験/学習/独学/評判/女性割引
  5. 記事本文内にて「プログラミング」「ウェブカツ」というワードを各10個以上と「女性割引」というワードを1個以上 使用すること
なぜブログ執筆を義務づけるのかについて、ウェブカツ事務局では
もちろん、SEOのためでもありますが、それ以外に 「仕様を守って仕事が出来るか」 「制約の中でどう自分色を出せるか」 「サービス開発で当たり前なPV意識を持てるか(どう認知されるよう考えられるか)」 といった部分を強化するためです。他にも 「自己ブランディング出来るか」 「文章力、論理力、整理力、共感を生ませ伝える力はあるか」 といった部分もチェックしています。
と受講生向けSlackで言及していました。 ①〜③は割と簡単なのですが、問題は④⑤の条件。今まで条件下で2回ブログを書きましたが、結構難しい。と言うのも、
  • タイトルに「ウェブカツ」を入れなければいけない
  • 本文に「ウェブカツ」を10回入れなければいけない。
ということは、ウェブカツにすごくフォーカスした記事を書く必要があります。 ウェブカツでは日々プログラミングの学びがありますが、動画講義を視聴するのは学習時間のごく一部であり、その他の時間は、例えばコーディング模写など動画を下知識として自分でコードを書くアウトプットをしています。プログラミング学習に関する記事を書くだけなら、「ウェブカツ」という単語を多用する必要がありません。 また、私は育児中で毎日数時間という限定された時間内で勉強しているため、動画講義を進める時間もあまりありません。そうすると、「ウェブカツでこんなことを学んだ」と書くにしても、学んだ範囲が少ないため、内容の割に「ウェブカツ」と言う単語が異様に多いという、チープな記事になってしまいます。 ウェブカツと今まで経験した他のプログラミング学習サービスを比較する記事のネタも尽き、いよいよどうしよう…と悩んで、今回本腰を入れて今後のブログの方針を考えることになりました。

参考にしたウェブカツ生のブログ

今後のブログの方針を決めるにあたって、他の受講生のブログを見て学ぼう!と思い、同じウェブカツ生のブログ(男性含む)を巡回しましたが、感想としては
  • 「ブログ執筆月2回が義務」というのは3月9日の部員種別改定後に入部した女性割引の人限定らしい。
  • 義務でブログを書いている人のブログは、(私を含めて)アイキャッチの設定がされていないなど、ブログに力を入れられない感がある。
  • 義務がなく執筆している部員のブログは、ウェブカツ内で学んだことを踏まえてどう活動したかなど内容が濃い。「書きたいから書いている」というのが伝わってくる。
書きたいから書く方が内容が濃いのは当たり前ですね。 ちなみに、ウェブカツ生ブログで個人的に「こんなブログが書けたらなぁ」と思ったのは以下のブログです。

めぐみかんアプリ開発記

https://megumikan.work/ 2019年2月〜ウェブカツ開始、4歳・1歳姉妹の子育てをしながら個人でiOSアプリを作り、2019年1月から個人事業主になられためぐみかんさんのブログです。 ウェブカツやかずきちさんに対する迷いなども赤裸々に記録されており、同じウェブカツ生として共感するところが多いです。 キャラクターや文字にアンダーラインが引いてあったり、読みやすさを念頭に置いて運営されているのが伝わる楽しいブログです。

WEBエンジニアレベルの力を付けたい40代主婦が、今から始めるプログラミング

https://raradi.com/ 2018年10月ウェブカツ開始のKMYさんのブログ。開始1ヶ月目のブログでPHP・MySQLについて触れられているので、それまでにかなり勉強されていたのだと思います、その分同じウェブカツ紹介でも内容がとても濃いです。就職活動の自己アピールで気をつけた点など書かれており、非常に勉強になります。

青空庭園

https://solaniwa.net/ プログラマーで主婦の文月さんのブログ。ウェブカツ開始は2019年3月で半月に1度のブログ義務がありますが、プログラミング学習定時報告として進捗を細かく記載されています。プログラミング経験者であることと学習スピードの速さ、また楽しくブログを書いていることが良記事に繋がっているのでは?と分析しました。

ウェブカツ生以外で参考にしたブログ

以上、受講生のブログを見て回りましたが、
  • 義務ではなく好きでブログを書いている人のブログは読み応えがある
  • 半月1度の義務ブログでは執筆に苦労が伺える
というのが率直な感想でした。 そこで目先を変え、ウェブカツ生以外でWebの勉強に触れている人のブログで、「これは面白い」というブログを参考にしてみることにしました。 ちなみに、「ブログ 書き方」などで検索するとブロガーさんの記事がたくさん出てきますが、アフィリエイト収益が第一目的ではないので、今回はそういった記事は参考にせず、いち勉強中の者として参考になるブログを探しました。 以下、個人的に学ぶところが多かったものをご紹介します。

フリーランスで稼ぐ方法まとめ

https://guuten.net/ 女性フリーランスでUIUXデザイン/コーディングをしているふるさんのブログです。 『ブログを初めて書く初心者が1分で成果上げるためにできること』という記事では、ブログを書く目的を以下3つに分けて設定し、どれに重きを置くかによってどんな対策を取るべきか、実践的な方法が書かれています。
  1. アフィリエイトで稼ぐ
  2. PVを上げる
  3. web制作など案件を受注する
私は3番目の「ブログからweb制作など案件を受注する」という事例にとても興味を持ったので、今後ブログを書く際は案件が受注しやすいようなサイト構成にしていきたいという目標ができました。 お問い合わせページやポートフォリオを掲載するページを作ったり、受注しやすい導線を意識したデザインにするなど、やるべきこともいっぱい出てきました。 ウェブカツ義務ブログに限って言えば、ふるさんの記事を参考にしてターゲット/テーマを1つに絞り、自分自身とターゲットを被せて「過去の自分」に向けて記事を書けば、自分の学びにも繋がり、読み応えのあるブログになるのではないかというヒントも得ることができました。
ブログを初めて書く初心者が1分で成果上げるためにできること

masaca | Webデザイナー初心者のわからないを解決するブログ

https://masaca.info/ 現在フリーランスのWebデザイナーで、masacaデザイン部というWebデザインを学びたい人向けコミュニティを運営されているmasacaさんのブログです。「Webデザインに興味のある20〜30代の方をメインに情報発信している」と明言されていて、プログラミングに限らず、どの記事も勉強中の人には読み応えのある内容です。
このブログではWebデザインに興味のある20〜30代の方をメインに情報発信しています。 どんなに便利で良いものでも、必要としている人のところへ適切に情報を届けなければ、誰にもその魅力に気づかれず埋もれてしまうのです。 便利で役に立つ・ためになる情報は届けられているでしょうか。
前述のふるさんの記事でも述べられているように、ターゲットを絞ってそこに響くように記事を書かれているのがわかります。 masacaさんの謙虚なお人柄も伝わって、読んでいて楽しいブログです。

ChouChou|独学でフリーランスのデザイナーになったfuyunaのブログ

https://fuyuna.net/ 2018年7月から独学でデザインの勉強を始め、すでにWebとグラフィック中心のフリーランスデザイナーとなられているfuyu_naさんのブログです。 『【ブログ】WordPressで「月間5000PV」記録!アクセス解析の結果を交えて理由を考察』という記事の中で、ご自身のブログが月間5000PVを達成した理由を細かく分析されているのですが、その中で
  • 「体験」に基づくブログの重要さ
  • スマホで見やすい記事を書くこと
  • リライトの重要さ
に触れられています。 ABOUTのページでは、ターゲットについても書かれています。
当ブログの記事の多くは、「デザインを始めた頃の自分に向けた記事」を意識しています。 つまり、これからデザインを勉強しようと思っている人や、独学でデザイナーやフリーランスになりたい人にオススメです。 私自身たくさんの方々に支えられてデザイナーになることができたので、私を支えてくれた人たちと同じように、困っている初心者さんを助けたいし、仲間を増やしたいと思っています。
ブログを書く目的が明確で内容も濃く、同じ勉強中の者として大変勉強になります。 コンテンツとしてはプログラミングよりもデザインについての記事が多いですが、どのように勉強してプロになるに至ったのか、心がけたことや学びの姿勢から謙虚で前向きな人柄が読み取れて親しみが湧くからこそ、高いPVになるのではないかと思いました。
ブログのPV数が月間5000以上になった理由をアクセス解析の結果から考察

今後のブログ運営方針

以上、私が読んでいて心地よいブログを挙げましたが、共通するのは「誰かの役に立つ」を心がけていることでした。 私自身独学で勉強を初めて、色んな先駆者からオン・オフで情報を得ています。その分、少しでも自分より後から勉強を始めた人に、有益な情報を渡したいとも思います。 「ウェブカツ」「プログラミング」というタイトルの記事、という縛りがあるなら、私より1週間でも後にウェブカツやプログラミングに興味を持った人に、有益な情報が届くように。 また、ブログが仕事をする上での糧となるように。 今後はそれらを心がけて、ブログを書いていきます。